介護リンクさかいヘッダー画像
トップページ 介護リンクさかいとは 活動報告 事業所一覧 お問合せ

介護リンクさかい会則

【設立趣意】

平成18年の介護保険法改正をめぐる様々な課題が大きくクローズアップされる今日、地域のケアネットワークにおける各種介護保険事業者の役割が問われる時期を迎えています。

権利意識の高揚、人権問題、DV、虐待など、介護保険または支援費制度(以下「介護保険等」という)を取 り巻く環境は益々厳しくなり、サービスの本質と倫理環境を改めて精査・検証していかなければなりません。

また、高齢者または障害をお持ちの方(以下「高齢者等」)の介護保険等利用率は、年々増加の一途を辿っており、これに合わせて介護事業者の新規参入も後を絶たない情勢となっています。 本来、高齢者等の方達が当然のように受け得る適切、且つ公正なサービスの提供は、我々介護事業者の責務であり、法遵守のもと、適正な業務の確立に努める責任があります。

ばらついたサービスや一貫性の無い介護観など、業界の未熟さが露見して いるとともに、我々介護事業者の努力不足もあるように思えます。
このような事から、介護事業者が高齢者等の方達および他の社会資源(医療・保健・行政)から信頼されるよう、企業・人・業務のレベルアップを図り、福祉業界の中軸として対等に役割を担っていける実力と社会的地位を確保できるようにしてゆきたいと思い、また、介護保険等に絡む各種施策の研究など、行政と積極的に意見交換できる環境づくりを構築してゆきたいとおもっております。

現状を冷静に見極め、地域における連携、ネットワークの構築を行い、介護事業者相互の健全育成と従業員(介護職員等)及び業務内容の質的向上を目指すとともに、福祉業界の発展に寄与することを目的にするため、民間等介護事業者連絡会(愛称「介護リンクさかい」)を設立する運びとなりました。高齢者等の方達が、安心・安全に暮らしてゆける明るいまち、人に優しいまち、心豊かなまち、をみんなの力で創ってゆきたいと思っています。

【会則】

第1条(名称)
本会は、「民間等介護事業者連絡会」(通称「介護リンクさかい」)と称する。

第2条(目的)
本会は、原則として主に堺市内で介護事業所を開設している民間事業者が、介護保険など、高齢者・障害者等の介護制度に則り、同制度に関する研究会・学習会・異業種との交流などを通じて得た建設的な意見等を国又は市町村(行政)に対し、情報交換の場を設けて積極的な意見交換等を行い、以って事業所相互の健全育成と従業員(ヘルパー等)及び業務内容の質的向上を目指すとともに、福祉業界の発展に寄与することを目的とする。

第3条(事業)
前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 主に情報交換とそれに基づく意見交換並びに介護保険または経営に関する「定例学習会」の実施。
  2. 介護保険制度の改正(予定を含む)並びに介護業界に絡む社会的問題が顕著なときに招集する「研究会」の実施。
  3. 異業種の方をお招きし、各業界の推移や課題、問題解決の糸口、その他当該業界ならではの特徴など、お話を聞き、介護業界発展の機会を得るための「異業種交流会」の実施。
  4. 最新情報を習得するための、各界の著名人などを招致し、基調講演会など「セミナー・公演会等」の実施。
  5. その他介護に関する全ての事業。

第4条(事務局)
本会の事務局は会員各事業者の輪番制で担当し、任期は1年とする。但し、再任は妨げない。

第5条(会員および会費)
会員は、本会の趣旨に賛同する介護事業者並びに介護事業者に所属する個人等(在宅介護・施設介護・居宅介護など)が、真に業界全体の発展と入会法人の相互利益(スキルアップと情報の共有)を図る目的に賛同する者で組織し、会費を納入したものをいう。また、同会の趣旨に賛同し、物資両面等から支援していただく各種団体などを賛助会員とする。法人会員、個人会員、賛助会員、(以下「会員等」という。)の年会費は次のとおりとする。
  1. 法人会員 年会費12,000円(当年度5月から翌年4月まで)を一括徴収とする。
  2. 個人会員 年会費6,000円(当年度5月から翌年4月まで)を一括徴収とする。
    ただし、上記の1.2で当該年度の半年経過後の加入の場合は、初年度の年会費の半額とする。
  3. 賛助会員 年会費1口3,000円(当年度5月から翌年4月まで)を1口以上一括徴収とする。
    当会の事業運営に関し、意見を述べ、事業計画策定および運営に参画するとともに物資両面または選択において任意に提供支援する者をいう。
   
第6条(入会手続き)
入会を希望するものは、「入会申込書」に必要事項を記入の上、本会に提出し、会費を納入した場合に入会したものとする。

第7条(会費運営)
本会は、会員等の拠出する会費と本会に賛同する者の寄付金等により運営する。ただし、必要止むを得ない場合は、役員の決議により、臨時会費として徴収することができる。

第8条(拠出金品の不返還)
既納の会費、その他の拠出金については返還しないものとする。

第9条(退会)
会員が退会しようとする場合は、「退会届」を本会に提出するものとする。また、会員が1年以上会費を納入しない場合は、役員会の決定により退会したものとみなすことができる。
第10条(役員)
  1. 1.本会には次の役員を置く。
  2. 1.代表・・・・・・・・・1名
    2.副代表・・・・・・・若干名
    3.幹事・・・・・・・・・・1名
    4.書記・・・・・・・・・1名
    5.会計(事務局兼務)・・・・1名
    6.監査・・・・・・・・・1名
  3. 2.役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。本会にオブザーバーとして大学等の学識者、各界のパイオニア、異業種からの見識者を選任し、運営等に関し、又は役員会に出席して意見を述べ、適正な運営を期するものとする。

第11条(役員の選出)
  1. 代表は役員会で選出する。
  2. 代表は、その他の役員を委嘱する。
第12条(任務)
各役員は次の任務を負うものとする。
  1. 代表は本会を代表し、会務を統括する。
  2. 副代表は、会長を補佐し、代表代行の任を負う。
  3. 幹事は、本会における全般的な運営等に関する支援等を行う。
  4. 書記は本会における全般的な運営及び会議録を作成し、各事業の開催を記録する。
  5. 会計は本会の事務、会計を処理する。
  6. 監査は会計を監査する。
第13条(会議種別)
各会議の種類は次の通りとする。
  1. 役員会議は、役員及びオブザーバーを対象とし原則として毎月1回開催する。
  2. 臨時会議は必要の都度、代表が役員を招集して行う。

第14条(議決)
各議案の議決については、出席会員また出席役員の過半数をもって決定する。

第15条(会則の変更及び臨時会の設置)
会則の変更を生じた場合は、代表が役員を招集して「臨時会」を設置し、付議するものとする。また、本会則の変更があった場合は、その都度各会員に通知する。

付則
  • ※本会の運営に必要な細則は、各事業別に定める。
  • ※この会則を改正するときは、会員の合意により行なう。
  • ※この会則は、平成17年5月14日から施行する。
  • ※平成19年5月8日 改定
  • ※平成20年6月7日 改定
  • ※平成21年6月12日 改定
  • ※平成22年5月1日改定。
  1. 堺の福祉業界の発展に寄与することを目的とします。
  2. 高齢者等の方達が、安心・安全に暮らしてゆける明るいまち(堺)、人に優しいまち(堺)、心豊かなまち(堺)、をみんなの力で創って行くことに努力いたします。
  3. 介護事業者相互の健全育成とそこで働く従業員及び業務内容の質的向上を目指し、企業・人・業務のレベルアップを図ります。
  4. 「定例学習会」「研究会」「セミナー・講演会等」「異業種交流会」等を実施いたします。
  5. 各種機関との連携を強化するとともに、情報の収集と発信提供を行います。
堺市市役所
介護塾
Copyright (C) 2006 Kaigolink-Sakai All Rights Reserved. 個人情報保護について 介護リンクさかい会則